いろんなことがあった私たちの家づくり。
同じことで困る人がいたら少しでもためになるかも知れないし書き留めねば!と始めたこのブログですが、
今のところ……

にゃんじー汗

内容薄いですね〜 すみません

なんせもう3年近く前の部分で、大手設計事務所さんとは契約もしてないので頂いた資料なんかも勝手にオープンにするわけには行かず。
と言う言い訳プラス、自分の文章力のなさにもびっくりです。はい。

さて2章の芸術家系設計事務所編ですが、ここの設計士とは1年間やり取りをしました。
1年間打ち合わせを重ね建築請負契約寸前までたどり着いた所でボツになりました。今覚えば途中で怪しい部分もあり、あの時に手を打てていればと言う後悔が何回もあります。

この1年間は相当いろんなことを調べて知識を蓄えた期間です。ショールームにも片っ端から行って、自分で図面を修正して提案する事も始めました。そして大事なことに気づいた期間でもあります。ここでの1年間の蓄えのおかげで、4章の気密自慢工務店編の工務店と戦うことができ、もうすぐできるであろう自宅を手に入れられる結果を手繰り寄せられたのだと思っています。

私が2章でどういったやり取りをして、どういった失敗をして、どういった力を蓄えたのか。

この芸術家系建築事務所とは設計契約もして、各々持っている資料は各自の財産である旨の契約もしてますので、資料などもオープンにできます。

なので1章よりはお役立ち情報も載せられるかと。
引き続きお付き合いいただければ幸いです。