さて今回も前回の要望と新しい提案図面を確認していきます。

まずは2回目の提案図面です。

こちらが3回目の提案図面です。

前回の要望リストと結果

にゃんじーにこ

寝室になるべく大きな服の収納スペースが欲しいです。浴室前の本棚を削ってもらって寝室をその分大きくし、壁面に長く服をかけられるスペースを取れませんか?

反映されています。4mもあるハンガーかけがあり、奥さんもご満悦です。


前回はがっかりしていたこともあり、こちらから出せた要望はこれだけでした。その他の変更ですが、2階の各個室に光が届くように天窓がつきました。
日光が届くことは嬉しいので、これは採用することにしました。


ここからは今回お願いした要望です。
じつはこの打ち合わせまでに、ショールーム巡りに行ってきました。周ったのは下記の所です。

・LIXIL
・パナソニック
・TOTO

全て大阪の梅田にあるので便利ですね。
ショールームにはこの後もなんども足を運びましたが、
毎回クタクタになります。
でも楽しいですし自分たちが住む家に取り付ける物をを実際に見て触れるのは大きいです。
そしておそらくみなさん同じだと思いますが、行く前と行く後では見積もり金額が上がります!!

にゃんじーキラーん

やっぱり良いものはよく見える。そして良いものは高い。

でもね、一回見てしまうと抵抗できない魅力が。
予算の関係上、良いお風呂は我慢しようかと思っていたのですが、今回は此の期に及んで少し大きな変更のお願いです。


にゃんじーキラキラ

大きなお風呂が欲しい

LIXILで見た浴室がかっこよくて!
スパージュというちょっとお高いシリーズの浴室なんですが、浴槽のフチから肩湯がでて、腰にもマッサージ気流が当たるんですよ。
そのほかにも鏡が曇らなかったりカビが生えにくかったりお湯が冷めにくかったり……。
最新のものはすごいですね。今使ってるお風呂は15年前にリフォームしたものなんですが、そのお風呂で困っていることが片っ端から解決されてます。

ということで、理想のお風呂を手に入れるために、建築予算にもその分は貯金から補填することにしました。後の問題は、必要な浴室の大きさです。

今の図面によると浴室の大きさは1416(140cm×160cm)。
それをなんとか1620(160cm×200cm)まで広げてくださいとお願いしました。


というところで今回の図面に関する打ち合わせは終了です。

そして、それから1ヶ月した頃に
中間仮見積もりの結果メールで送られてきました。
工事費と設計費を合わせて

4250万円

意味がわからないのですぐに返信しました。

にゃんじーハッ

私たちの伝えている予算4100万円ですよ。建築+設計費用で4100万円でお願いしていたはずですが、あまりにも金額がかけ離れていませんか?設計費用の550万円を足すと4800万円。700万円足りませんよ

男性てへ

先にお伝えしておけばよかったのですが、 お見積書だけをお送りした場合、金額だけが独り歩きしてしまうので、 次回のお打ち合わせの際にご説明させていただければと思っておりました。 こちらの言葉足らずで申し訳ありません。 あくまでも概算見積なので、そのつもりでご覧いただければと思います。 概算のため多めに見ている部分もありますが、 少し当初の予定額よりもオーバーしております。 やはり地下部分がジワジワと効いている感じはします。 ただ、経験的に調整できない範囲ではないと思いますので、 今後のお打ち合わせで余分な部分はそぎ落としていければと思います。 ご査収の程よろしくお願いいたします。

にゃんじー汗

うーん。納得はできません。調整できるにしてもあまりにも金額かけ離れすぎでは……。

差額はギリギリで見ても700万円。
設計途中で予算が膨れることはよくあることみたいですし……。
浴室のバージョンアップで膨らんだ代金の80万円は全て別から出すとして、
それプラス200万円くらいは上がる覚悟はしておこうと内心、決意しました。


このメールのやり取りの時点で、初回打ち合わせから半年が経過していました。そして、調整に時間がかかったのか次の打ち合わせは

男性うーん

準備に少し時間がかかっていまして……。少し体調を崩していまして……。と延期延期になり。次の打ち合わせができたのはそれから2ヶ月半が経過した頃でした。