にゃんじーにこ

さて前回の打ち合わせから1月半が経ちました。




あれ?
2週間後に打ち合わせだったのでは?

にゃんじーやったー

前回の記事も読んでいただきありがとうございます


そうです。2週間後に約束したんですが、3倍待たされました。

その間、何度か工務店の方から謝りの電話があり

にゃんじーハッ

何かトラブルとかありましたか?図面がまずかったり?

と聞くのですが

地元の工務店さん

いいえそうじゃないんです。図面も問題ありません。大変申し訳ないんですが少しだけ時間をください

との回答で、理由を教えてもらえずモヤモヤしている日々でした。

そしてようやく打ち合わせの日、設計事務所に行くと設計士案から



「私の都合で1ヶ月も遅れてしまいすみません。」

との一言、


話を聞くと体調不良で1ヶ月近く入院されていたそうです。

にゃんじー汗

なら、そう言ってくれれば良いのに

地元の工務店さん

理由がなんであれ、私たちが原因で遅れることには変わりなく、ただの言い訳です。そんな言い訳をお客さんに聞かせるわけにはいかないので。


真面目な方です。



しかし

にゃんじー汗

言い訳とかじゃなく、理由を説明してもらえないと。待ってる方は不安なんですけどね。

さて、本題ですが
この日も話はスムーズに進み最終図面として見積もりをしてもらうことになりました。
これからの予定はこんな感じ


・見積もりができるまで約2週間
   ↓
・それから建築確認図面を書いてもらうのに1ヶ月
   ↓
・その間に解体を初めて確認申請が通り次第着工


やり取りを開始して2ヶ月で、2章の最終到達点まで追いついたわけです。

このままスムーズに進む思っていました。
自分でできることも増えたし、工務店の人も信用できる。
銀行にもOKをもらっている。

それでも落とし穴ってあるんですよね……

にゃんじーやったー

ランキングに参加しました。ポチッとしていただけると幸いです。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村